揺れを最大34%抑える新シールド工法、マシンに逆位相の振動を与えて低減
2020/01/07 建設技術のニュース

地上部が既に開発されている立地での地下トンネル工事では、施工の安定性や地上部への影響が少ないため、シールド工法が多く採用されるケースは多い。
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社