精神障害者へ「就労パスポート」 企業側と特性など情報共有 定着率向上へ厚労省、今秋にも発行
2019/09/11 建設業界のニュース

 精神疾患がある障害者の就労が進む中、仕事に就くだけでなく定着率を高めることが課題の一つになっている。それを支援しようと厚生労働省は今秋にも、一人一人の障害特性などを企業や支援関係者で共有しやすくする「就労パスポート」を発行する予定だ。得意なことや苦手なこと、働くのにどんな配慮が必要かなどを事業主側
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社