はすば歯車を3割安く造る新工法、アマダが冷間鍛造で実現
2019/08/31 建設技術のニュース

 アマダホールディングスと同社傘下のアマダオリイ(本社神奈川県伊勢原市)は、サーボプレス機を用いて中空のヘリカルギア(はすば歯車)を冷間鍛造で製造する新工法「フルードパルス鍛造法」を開発した。同工法の開発に当たってはSUBARU(スバル)が協力しており、現在共同で特許を出願しているという。プレス・板金技術の展示会「MF TOKYO 2019」(2019年7月31~8月3日、東京ビッグサイト)のアマダオリイのブースで成形を実演した。
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社