検察、懲役18年求刑 「高い計画性あった」 /石川
2018/12/07 建設業界のニュース

 能美市で2月、砂浜に埋められた男性の遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた同市佐野町、建設業、安戸昭友被告(46)の裁判員裁判の論告求刑公判が5日、金沢地裁(田中聖浩裁判長)であり、検察側は懲役18年を求刑、弁護側は情状酌量を求め結審した。判決は7日。
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社