基礎工期をたった1週間に短縮する新工法 | 新建ハウジング
08/28 建設技術のニュース

地盤調査や建物検査などを手掛けるジャパンホームシールド(JHS、東京都墨田区)が今年3月から本格的に全国展開している、工期短縮と品質向上を実現する住宅基礎の新工法「アイランドベース」が、工務店などから好評だ。同社では、同工法の提供により、生産性の改善・向上や人手不足対策など、工務店が抱える慢性的な課題の解消をサポート。「できるだけ早期に、全国的な供給体制を整えたい」と意欲を見せる。 同社基礎事業部の部長で、アイランドベースの開発・販売担当の中村亨さんは、同工法の技術的なポイントについて・・・ ⇒ 続きは、最新号『新建ハウジング紙面 8月20日号』に掲載しています。 ※下記オレンジ色の試読バナーよりお申し込みいただくと、すぐに電子媒体で続きをお読みいただけます。 新建ハウジングは郵送でお届けする新聞とともに電子版もお試しいただけます。 新建ハウジングを試読する ▼▼新建ハウジングってどんな新聞なの?▼▼ 新建ハウジングとは
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社