東急建設 倉庫外壁の施工性高める新工法開発
05/06 建設技術のニュース

東急建設は4月28日、大規模な物流倉庫などの外壁工事について、施工生産性を向上させる工法を開発したと発表した。 新工法では、仕上材である金属断熱サンドイッチパネルを取り付ける際に下地となる「胴縁」をユニット化することで、揚重回数と取り付け工数を抑えることができる。 従来、胴縁を取り付ける際、複数点の部材をクレーン等
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社