【“路上待機”を削減】竹中工務店の工事車両駐車ヤード確保の取り組み「TAK-station」とは?
2020/10/18 建設業界のニュース

 ダンプトラックやコンクリートミキサー車といった大型車両が絶えず行き交う建設現場。そうした工事車両の周辺での待機は交通渋滞の発生など近隣にとって迷惑となってしまうケースも少なくない。いわゆる路上駐車の削減や運転手の休憩といった環境改善を目的に、ゼネコンが工事車両向けの待機ヤードを提供している事例がある。竹中工務店の「T
参照サイト

どこよりも速い情報があなたのビジネスを加速させます。 無料でサンプルを見る

トップページ | 公告一覧 | 入札結果一覧 | 会社一覧 | ニュース

プライバシーポリシー | Copyright 日建データ通信社